August 06, 2005

猟奇的な彼女

大学生のキョヌ(チャ・テヒョン)は、電車内で酔っ払っている「彼女」と出会う。ひょんなきっかけからキョヌと「彼女」の不思議な関係が始まった。見た目と違って気が強く、ワイルドで強引な「彼女」(実はある切ない秘密を抱えている。)に振り回されるキョヌだったが、その真っ直ぐな瞳に、次第に特別な感情を抱いていく。
製作年 : 2001年    製作国 :韓国    
出 演: チャ・テヒョン→ キョヌ 、チョン・ジヒョン→ 彼女

「猟奇的」って、ドキッとするけれど、実はハートフルなラブ・コメディ。意外性が魅力の本作は、ちょっぴり不思議な男女の仲をキュートに描いた作品。インターネットに掲載された、実話を元に作られたコメディだ。でも実は最期が泣ける(>_<)
最期のほうのシーンで、「彼女」が木の下で出会ったおじいさんの言葉がある。
「運命というのは 努力した人に 偶然という橋を架けてくれる」いい言葉ではないですか!なんか私はこの言葉がみょうに胸に残りました。
何でって?それは見てのお楽しみです!!
そしてテーマソング「I Believe」もいいんです。メロディーも歌詞もまたいい!!まだ映画をみて間もない私はこの曲を聴いただけでも涙が出そうな気さえします。
「僕の彼女」に続き私のお気に入りです。
  


| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 09, 2005

☆僕の彼女を紹介します☆

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督とチョン・ジヒョンが再び組んだラブストーリー。
気が強く攻撃的なヒロインと人のいい青年。ふたりを引き裂く事件をきっかけに、物語は愛の奇跡を描いたラブロマンスへ。音楽もとてもいいです。
主演:チョン・ジヒョン, チャン・ヒョク  (2004年・韓国)

なんとなくレンタルして、どんな話かもよく知らないで見始めた。
コミカルな軽い内容かなと思ってい見ていたら、思いっきりいひょうをつかれた。
半分ぐらいから、ほろっときたらもう止まらなかった。どんどん泣ける泣ける。今までにこんなない泣いたことってあったのだろうかというくらい。私のお気に入りのシーンは、最後のほうの「風でもいいから、会いたい」と部屋の中に風が吹いていうシーン。とにかく私の中では泣ける映画NO.1だ。もうとにかく泣けて自分でも驚いた。これから見る方は、あまり期待せずに見ることをお勧めしたい。とはいっても、ここまで書いといて無理な話でしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (5)

February 04, 2005

クリスティーナの好きなこと  

おんなの本音満載の、ストレス解消ラブ・コメディー:本気の恋にどこか臆病になってしまう、独身女性の微妙な心理と大胆な行動を、過激な本音トークと抱腹絶倒コメディーで描いている。メリーに首ったけで主演のキャメロン・ディアスが主演。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

愛しのローズマリー  

主演 : グウィネス・パルトロウ          
ハルは「どんなことがあろうと月並みで妥協するな!」という父の遺言が心の中にあった。そのせいかハルは彼女にする人は美人に限るという考えで、いつも中身ではなく外見だけで判断し様としていた。ハルは知らぬ間に心の美しい女性が美人に見えるセラピーを受けていた。ある日ハルはある女性に恋をした。実はとても太った今までは見向きもしなかったような女性なのだ。でもセラピーを受けたハルには美人に見えるのだ。(^.^)とても滑稽なのだけど、ハートウォーミングな話です。お勧めですよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2005

ウェディング・プランナー  

2001年 米  74分
ジェニファー・ロペスとマシュー・マコノヒーが贈る、甘く切ないロマンチック・ラブストーリー。自分の幸せは二の次で仕事一筋に生きてきたブライダル・プランナーの女性が、こともあろうにクライアントの花婿に恋をしてしまう。このての話しはどろどろしそうだが、決してしてはいけない恋に迷い悩む様子が、ピュアな気持ちになって見ることが出来るように描かれている様に思った。ニ人が出会うシーンや、恋に落ちるダンスシーンなど、ロマンチックなシーンがもりだくさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメリカン・スイートハート  

2001年 米  103分
アメリカの理想のカップルとして知られている映画スターカップルのエディーとグウェン。だが実はグウェンの浮気が原因で別居中なのだ。グウェンの付き人で実の妹のキキ(ジュリア・ロバーツ)は、そんな姉夫婦に複雑な思い。なぜならキキは、エディに密かに思いを寄せていた。キキは、エディへの切ない思いを秘め、愛する気持ちをバネに美しく強くなっていく。

| | Comments (4) | TrackBack (0)