« 僕はラジオ | Main | アイル・ビー・ゼア »

July 09, 2005

☆僕の彼女を紹介します☆

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督とチョン・ジヒョンが再び組んだラブストーリー。
気が強く攻撃的なヒロインと人のいい青年。ふたりを引き裂く事件をきっかけに、物語は愛の奇跡を描いたラブロマンスへ。音楽もとてもいいです。
主演:チョン・ジヒョン, チャン・ヒョク  (2004年・韓国)

なんとなくレンタルして、どんな話かもよく知らないで見始めた。
コミカルな軽い内容かなと思ってい見ていたら、思いっきりいひょうをつかれた。
半分ぐらいから、ほろっときたらもう止まらなかった。どんどん泣ける泣ける。今までにこんなない泣いたことってあったのだろうかというくらい。私のお気に入りのシーンは、最後のほうの「風でもいいから、会いたい」と部屋の中に風が吹いていうシーン。とにかく私の中では泣ける映画NO.1だ。もうとにかく泣けて自分でも驚いた。これから見る方は、あまり期待せずに見ることをお勧めしたい。とはいっても、ここまで書いといて無理な話でしょうか?

|

« 僕はラジオ | Main | アイル・ビー・ゼア »

Comments

何であわててるの?アリエルはこまめに更新してるじゃない!
ね、僕彼いいよね!
最高の作品だよ(^3^)/~☆

Posted by: dona | July 14, 2005 at 10:26 PM

更新されているのを見て
私も慌ててしまったよ。
僕彼はかなりいいよね。私、あまりにも期待して
見て、思いっきり泣いてしまった。
コミカルさと、感動が一気にきて
最高の作品だと感じたね.
私も早速ジェミを更新しなきゃ。

Posted by: Ariel | July 11, 2005 at 05:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77876/4891255

Listed below are links to weblogs that reference ☆僕の彼女を紹介します☆:

» 僕の彼女を紹介します [oceanus]
韓国映画はほとんど観ませんが、 久しぶりに観たら号泣でした。 ロマンティックですね、 愛が溢れてますね。 僕の彼女を紹介します 2004年公開作品 監督 クァク・ジェヨン 出演 チャン・ジヒョン、チャン・ヒョク 女性巡査・ギョンジンと 女子高教師ミョンウのラ..... [Read More]

Tracked on July 10, 2005 at 04:05 PM

» 僕の彼女を紹介します [☆韓流☆ジェミイッタ]
とにかく一言で言えば感動の嵐一見コミカルな映画と思ったら、とんでもない もう、まさしく感動作!! まさしく「究極の愛」と言っていい程。 チョン・ジヒョンssi「猟奇的な彼女」 に続き、素敵な魅力をかもし出しさらに磨きが かかった....と感じました... [Read More]

Tracked on July 12, 2005 at 10:42 AM

» 映画 < 僕の彼女を紹介します > 2004年 [お呼びじゃない?]
映画 < 僕の彼女を紹介します > 2004年 私の勝手な評価 ★★★☆☆ 私の奥さんがお友達から借りてきました。すぐに返さなくてもいいとのことだったので、私も見てみました。ちなみにうちの奥さんは韓流にはまっていて、イ・ビョンホンのファンです。なかなか楽しい映画でした。前半はとてもメルヘンチックな雰囲気なのにもかかわらず、後半は一転して悲劇になってしまいます。主人公が、かわいそ過ぎて観ていられませんでした。 Stuff 監督 クァク・ジェヨン 脚本 クァク・ジェヨン ..... [Read More]

Tracked on July 19, 2005 at 08:05 AM

» クァク・ジェヨン [韓国有名人辞典]
クァク・ジェヨンクァク・ジェヨン(1959年5月22日 - )は大韓民国|韓国の映画監督。慶熙大学校卒。監督作品2001年「猟奇的な彼女」2003年「ラブストーリー」参加作品2002年「純愛中毒」Wikipediaより引用...... [Read More]

Tracked on August 02, 2005 at 10:43 AM

» Levitra cialis viagra comparison. [Levitra.]
Levitra canada. Levitra users. Levitra. [Read More]

Tracked on June 20, 2007 at 05:15 AM

« 僕はラジオ | Main | アイル・ビー・ゼア »